2010年02月11日

JR京橋駅のマンホールからゴキブリ大量発生

http://rocketnews24.com/?p=24384

以前、JR京橋駅のマンホールからゴキブリが大量発生した騒動を皆さんは覚えていますでしょうか? マンホールのフタにはいくつも穴が開いていますが、その穴からゴキブリが大量に出てきた騒動です。あまりに多くのゴキブリがマンホールから出てくるものですから、駅員さんが殺虫スプレーをマンホールの中に噴射。これでゴキブリが死滅したと思っていたら……。

殺虫スプレーによって苦しんだゴキブリたちが、新鮮な空気を求めてマンホールから数十匹、いや、数百匹あふれ出してきたのです! つまり殺虫スプレーをしないほうが良かったわけですね。ゴキブリたちがマンホールから大量に出現した為、駅の利用客達は悲鳴をあげるほどの大パニックに。

駅員は、最終的にマンホールのフタの穴を1つ残して全てふさぎ、殺虫スプレーであぶり出してビニール袋に捕獲するという手段をとりました。その様子はケータイやビデオカメラで撮影されており、『YouTube』等の動画共有サービスサイトで観る事ができます。ゴキブリが苦手な人は、観ない事をオススメしますよ。

それにしてもマンホールの中には信じられないほどのゴキブリがいるものですね。見えないからいいものの、見えないところにゴキブリが何百匹もいると思うと、ちょっとゾッとします。(2010年2月8日 ロケットニュース 24)









(´-`).。oO(童心に帰る素敵な動画ですね。胸がときめきました・・・)
ラベル:大量発生
posted by まろんど at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴキブリ・シロアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

ゴキブリが入った味噌汁を食べる動画が公開される! 躍り食いも!?

http://getnews.jp/archives/44937

動画コミュニティサービス『ニコニコ動画』にてゴキブリが入った味噌汁を食した男性の動画が公開されており話題になっている。1月19日に公開されたばかりのその動画は怖いもの見たさなのか既に5万再生数近くまで行っており、コメント数は1万5000弱、そしてマイリストは500以上といろんな意味で注目を浴びているようだ。

動画全編は約14分あり、味噌汁の調理から始まる。具には大根とゴキブリが放り込まれ、その工程も動画に納められている。ガジェット通信記者も全編通して見たのだが、これは見ないことをお勧めする。どういう神経をしているのかわからないが、常人が行える行動とは思えない。もちろんガジェット通信から動画へのリンクも張れないので、どうしても観たい方は自己責任で【ゴキブリ味噌汁と踊り食い】で検索して欲しい。ただし観たあとの保証はしない。

この動画をアップした者は過去にも『ニコニコ生放送』の配信中にゴキブリを食べるという快挙(?)を行っていたようだ。またもう一つの動画では『虫寿司』なる動画を公開しておりこちらもご想像通りの内容だ。そのほかにもトンボ、クモ、チョウ、カマキリ、バッタ、クワガタ、ハエ炒めとハエチャーハンなどの動画を公開している。食料危機になっても生きて行けそうな人だ。

無駄に高画質なこのグロい動画は『ニコニコ動画』の料理カテゴリにて最高2位になるほど。なんでそこまで人気に……。(2010.01.21 ガジェット通信)






(´-`).。oO(ちゃんと加熱すればただのタンパク質ですよ・・・良質な・・・)
ラベル:実験
posted by まろんど at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴキブリ・シロアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

米NYに謎の新種ゴキブリ繁殖中!?高校生ペアの調査で浮上






(´-`).。oO(新種のゴキブリって胸が熱くなるニュースですね・・・)
ラベル:新種
posted by まろんど at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴキブリ・シロアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

ゴキブリ採集のすすめ 害虫研究家・角野智紀さん

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091219-00000071-san-soci

 あの小憎らしい黒い生き物が、実は世の中の役に立っているとしたら…。大阪市立自然史博物館(大阪市東住吉区)が発行する雑誌「Nature Study」10月号に掲載された論文「ゴキブリ採集のすすめ」が話題を呼んでいる。害虫の代表格とされるゴキブリだが、生物学上の新しい発見に貢献したり、外国では食用や薬用としても使うこともあるそうだ。「現代っ子の興味、好奇心を多少なれども刺激できれば」と説く著者からは、ゴキブリへの愛情すら感じられる。(天野健作)

 著者は現在、マレーシアの大学で都市・産業害虫について研究している角野智紀さん(33)。かつて害虫駆除会社に勤めていた経験もあり、「気が付いたら一般家庭や工場内で問題になる害虫について興味を持つようになった」という。

 平成17年に開催された愛知万博では会場内での蚊の防除について全般を指揮した経験もある角野さん。今回投稿した論文では、家庭でよく見られるクロゴキブリ、ヤマトゴキブリ、チャバネゴキブリなどについて、最も安く手軽に採集できる方法を紹介している。粘着型の仕掛けでは「せっかく捕まえたゴキブリが台無しになってしまう」といい、バターやマーガリンを使った生け捕り方法を薦めている。

 通常なら駆除するゴキブリを生きたまま集める。聞いただけで卒倒してしまう人もいるだろうが、これも世の中のため。ではあのゴキブリに、どのような“益虫”の面があるのだろうか。

 角野さんによると、一つには、殺虫剤そのものの効果を判断するためという。ほかの害虫に比べて大量飼育が簡単で安価に手に入るゴキブリはまさに適役なのだという。

 ほかの昆虫となると、道端にいるアリも大量に手に入るが、角野さんは「小さすぎて解剖には不適。ゴキブリは体のサイズも比較的大きく実験に適している」と説明する。

 生体実験として、失われた部分がどう再生されるか、呼吸と代謝はどうなっているかなどを調べたい場合、ゴキブリなら躊躇(ちゅうちょ)なくバラバラにできる。実験によって得られた結果は、他の動物に応用できるものが多い。

 昆虫が病原菌を媒介するという発見も、ゴキブリの研究によって明らかにされた。

 このように、世の中の役に立っているゴキブリ。しかし角野さんの話によると衝撃的なのは、ゴキブリを食する国もあるということ。英国ではゴキブリを酢で煮てから天日で干し、頭と内臓を取り除いたものをバターなどとともに煮てペーストを作り、パンに塗って食べる所もあるそうだ。おえっ。タイではゴキブリの卵鞘(らんしょう)を集め、フライにして食べる所も。

 もちろん、一般の台所などから見つかるゴキブリは汚染されているため、食べられないというので注意してほしい。

 また、薬として用いられている国もある。例えば米国の医学書では、動脈硬化、腎臓病、肝硬変、インフルエンザなど30種の適応症を記載。中国でも解毒、急性胃腸炎、ぜんそくなどに効くといわれているとか。

 ただし、これらについては「民間療法の域を出ず、科学的にはほとんど証明されていません」と角野さんもクギを刺している。(12月19日 産経新聞)




(´-`).。oO(ゴキブリのポテンシャルは侮れないのです・・・)
ラベル:害虫
posted by まろんど at 03:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴキブリ・シロアリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。