2010年06月17日

ハッチョウトンボ また益田に…島根

http://osaka.yomiuri.co.jp/animal/genre3/20100615-OYO8T00436.htm

 体長は1円玉大で、国内最小のトンボ「ハッチョウトンボ」が、今年も島根県益田市内に姿を見せ、島根写真作家協会理事の吉崎佳慶(よしのり)さん(69)(益田市久城町)が撮影した。環境の変化に敏感で、「しまねレッドデータブック」で準絶滅危惧種とされるが、同市では観察地点が増えているという。

ハッチョウトンボ.jpg


ハッチョウトンボ mesu.jpg

ハッチョウトンボのオス(上)とメス(益田市内で)=吉崎さん撮影


 羽を広げても3センチ程度で湿地帯を好み、オスは鮮やかな赤色、メスは黄褐色と黒のまだら模様。吉崎さんは小学校長だった10年前にこのトンボと出会い、「ハッチョウトンボを守る会」をつくって保護、観察を続けてきた。

 昨年までは、同市の真砂、中西地区で確認したが、今年は小野地区でも撮影に成功。吉崎さんは「ほかにも生息地があるかもしれない。見つけたら連絡してほしい」と話している。連絡先は、090・1682・2577。

(2010年6月15日 読売新聞)



(´-`).。oO(増えてるのか・・・?)

2010年06月03日

トンボで調べる化学物質汚染 国立環境研、採集呼びかけ




(´-`).。oO(トンボでわかるのか・・・)

2010年05月10日

「トンボ教室」今年も  古湯でフィールドワーク

http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1631375.article.html

 トンボの観察を通し、自然の中で命や環境の大切さを学ぶ佐賀市の「トンボ教室」が9日、始まった。同教室は今年で20回目。8月22日まで全5回の教室で、捕まえたトンボなどを標本にして自然の生態や環境を学ぶ。

 第1回は佐賀市内を中心に15家族33人が参加した。佐賀市の環境センターで行われた開講式では、佐賀トンボ研究会の吉田喜美明会長(58)が「自分で生きた物を触ることで自然を知ることができる」と、自然の大切さや命の尊さを伝えた。

 この後、一行はバスで富士町古湯の貝野川に移動。アサヒナカワトンボやムカシトンボのほか、オタマジャクシなど春に見られる生物を捕まえ、図鑑で調べたり研究会のメンバーに尋ねたりしながら熱心に観察した。

 親子で参加した佐賀市の眞子大生君(8)は「生き物を触るのは苦手。今日は捕まえて初めて近くで見た」と目を輝かせていた。

(2010年05月09日 佐賀新聞 ひびの)ねこ猫☆ちゃんねる.jpg



(´-`).。oO(初夏ですね・・・)
ラベル:虫と子供

2010年05月06日

ベッコウトンボ 今年初確認

http://qnet.nishinippon.co.jp/animal/news/2010/04/post_707.shtml

 鹿児島県薩摩川内市の藺牟田(いむた)池で27日、国内希少野生動植物種のベッコウトンボが今年初めて羽化しているのが確認された。昨夏の渇水や今春の低水温の影響が懸念され、なかなか姿を現さないため関係者は気をもんでいた。

ベッコウトンボ.jpg


 1996年から観察する地元保護団体「ベッコウトンボを保護する会」のメンバーが見つけた。昨年に比べて約3週間遅く、同会の観察記録でも同年の4月28日に次いで2番目に遅かった。ただし、見つかったのは1匹だけ。28日に新たな個体は見つからなかった。
 
=2010/04/29付 西日本新聞朝刊=

お待たせ、ベッコウトンボ初確認 薩摩川内・藺牟田池
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=23626



(´-`).。oO(幸せのトンボよ、どこへ〜って、見つかったみたいですね・・・)
ラベル:絶滅危惧種

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。