2010年03月30日

秘密基地、復活へ 佐用町昆虫館が4月3日再開

http://www.kobe-np.co.jp/news/seiban/0002820948.shtml

 昨年8月の県西、北部豪雨災害による被害で休館を余儀なくされた佐用町昆虫館(佐用町船越)が4月3日、再々オープンする。大量の泥のかき出しや破損した建物の改修など、復旧作業に追われた約7カ月間。運営のNPO法人「こどもとむしの会」会員らは「ようやく子どもの笑顔が見られる」と仕上げ作業に取り組む。

 昆虫館はもともと県の施設。老朽化と財政難で2008年3月末に閉館し、同町が県から運営を引き継いだ。存続を望んでいた専門家らでつくった同会が指定管理者となり、09年4月に再開した矢先、水害が起きた。

 標本展示室は高さ1・5メートルの土砂に埋まり、館内は20〜30センチの浸水。絶滅危惧種の植物などが植生していた中庭やモリアオガエルなどが生息する池もすべて大量の泥の下に埋まった。

 しかし、会員や建設関係業者ら多くのボランティアらの地道な作業と「子どもと虫の秘密基地」の復活を望む全国からの義援金のおかげで復旧が進み、ようやく4月の開館にこぎ着けた。

 昨年の開館時を上回る約3000点の標本を展示。町内で採集していた昆虫約100点を集めたコーナーも新設する。4日のオープニングイベントでは「昆虫館の歌」が初披露される。

 同会の内藤親彦理事長(67)は「子どもを思う気持ちを原動力に、多くの助けがあってようやくここまで来られた」と話している。

(2010/03/29 神戸新聞)



(´-`).。oO(秘密基地は木の上にあるべきですね、常識的に考えて・・・)
ラベル:虫と子供
posted by まろんど at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫全般・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

時事ドットコム:昆虫記者のなるほど探訪

hhttp://www.jiji.com/jc/v?p=new-special-fabre0001

ファーブル昆虫館の標本教室

1:少年の隠れ家

 不忍通りから千駄木小学校に向かい、閑静な住宅街の坂を上り切ると、微妙な曲線を持ち不思議な生命感のある銀色のビルが目前に現れる。

 これが、昆虫好きの子供たちの隠れ家的存在、ファーブル昆虫館(東京都文京区)だ。大谷石の塀に囲まれた周辺のお屋敷とは明らかに異なるカテゴリーの建物だが、仰々しい看板もなく落ち着いた研究室風のたたずまいは、あまり違和感を持たせない。

 しかし、注意して壁面を眺めると、セミやトンボ、バッタなど、昆虫の装飾が何気なく張り付いており、この建物の主がただ者ではないことを物語っている。昆虫館の館長は、ファーブル昆虫記の翻訳でも有名な、奥本大三郎埼玉大学教授。日本昆虫協会の会長でもある。

 2月のある日曜日。多くの虫たちは、まだ卵やさなぎで、冬の寒さに耐えている時期だが、昆虫少年たちは既に活発な活動を開始。初心者昆虫標本教室に参加するため、ここに集まってきた。

以下は引用元で(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/v?p=new-special-fabre0002



(´-`).。oO(ファーブル昆虫館なんてあったのか・・・)
ラベル:虫と子供
posted by まろんど at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫全般・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

手塚治虫 虫追った森に地元住民が記念碑…宝塚

http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20100322-OYO1T00451.htm

 漫画家の手塚治虫(1928〜89)が少年時代、昆虫を追った千吉(せんきち)稲荷神社(宝塚市川面)の森を、地元住民らが「手塚治虫昆虫採集の森」と名付け、21日、記念碑を設置した。

 コンクリート製の円筒形で高さ1メートル。手塚は当時、住んでいた自宅近くの森で、アゲハチョウやノコギリクワガタを採取していたといい、同神社の氏子らが製作費を出し合った。同神社世話人会の大垣文男さん(74)は「森を地域の財産として大切にしたい」と語った。

 手塚と競い合って昆虫採集をした2歳下の弟、浩さん(79)(大阪市城東区)は「懐かしい場所に名が刻まれ、兄は面はゆいのでは」と話していた。
(2010年3月22日 読売新聞)



(´-`).。oO(手塚治虫はテントウムシを萌えキャラにしましたよね・・・)
posted by まろんど at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫全般・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

かわいいかも〜 ファッション感覚の虫よけ!?

http://www.j-cast.com/mono/2010/03/23062718.html

リンテックは、「虫よけ de ラベル」から、「クリアスヌーピー」を2010年4月14日に発売する。

クリアスヌーピー.jpg


「虫よけ de ラベル」は、ラベンダーから抽出した香り成分を用いた、粘着ラベルタイプの虫よけ。シャツの袖や襟元など、肌の露出部分に近いところに張るだけで効果を得られるので、肌への影響が少なく、汗で落ちることもないのが特長だ。

新商品の「クリアスヌーピー」は、ラベル部にスヌーピーのキャラクターをあしらったもので、透明タイプのため、服に張りつけても目立ちすぎず、さりげないワンポイントとして機能する。

30枚(6枚×5シート)入りで、価格は798円。(2010/3/23 J−CAST)

シャツのそでなどに貼って使える「虫よけdeラベル クリアスヌーピー」を発売
http://mainichi.jp/select/biz/prtimes_release/archive/2010/03/18/000000009.000001720.html




(´-`).。oO(貼るだけで効果が出るって・・・)
ラベル:虫ビジネス
posted by まろんど at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫全般・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。