2010年02月22日

松くい虫被害拡大 空中散布中止の自治体も

http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20100220/CK2010022002000020.html

 松くい虫による本年度の松の立ち枯れ被害が5万9000立方メートルで、過去2番目の被害量に上る見通しになったことが県林務部の調査で分かった。昨年5月には松川村でも被害が新たに確認されるなど被害が拡大。関係者は対策に頭を痛めている。

松くい虫被害拡大.jpg


 被害は、直接的には体長約1ミリのマツノザイセンチュウが引き起こすが、寄生されたマツノマダラカミキリを介して広がっていく。県森林づくり振興課によると、前年夏場の気温が高く、雨が少ないとカミキリの活動が活発化する傾向がある。

 2007年は全国で夏場に高温が続き、08年度には県内全体で過去最多の約6万3600立方メートルに被害が確認された。09年度は被害がやや縮小したものの依然として高水準が続く。

 同課によると、拡大防止には枯れた松を切り倒して焼却するか、殺虫剤の空中散布が有効だが、険しい地形での伐採には限界がある。市町村の財政状況も厳しく、事業費確保も課題だ。

 空中散布は健康被害などを懸念し、上田市と坂城町、青木村の一部地域では09年度から中止するなど新たな動きもある。

 同課の担当者は「被害の拡大を防ぐためにどう取り組むか。関係者と協議しながら今後も対策を講じていく」と話している。

(2010年2月20日 中日新聞)





(´-`).。oO(各地の状況や対応策など・・・)



松くい虫 媒介昆虫は発見されず(青森)
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2010/20100210214116.asp


植樹:クロマツ2200本 松くい虫に強い品種−−宗像・さつき松原 /福岡
http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20100216ddlk40040314000c.html


県、アカマツの種子販売へ 松くい虫に耐性向上(岩手)
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20100211_3


松くい虫監視帯、北限を盛岡市に 県対策協(岩手)
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20100204_4


県内の松くい虫被害、過去2番目の見通し(長野)
http://www.shinmai.co.jp/news/20100216/KT100215ATI090010000022.htm



(´-`).。oO(マジで深刻ですね・・・)
ラベル:害虫
posted by まろんど at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 寄生虫・クマムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

ツタンカーメン王はマラリアで死亡、アクエンアテン王が父 ついになぞが明らかに



マラリア感染で死亡か ツタンカーメン、父も推定
http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010021601001111.html

ツタンカーメンの死因はマラリア? 医学誌に研究報告
http://www.cnn.co.jp/science/CNN201002170020.html




(´-`).。oO(ついに死因が特定されたのか・・・)
ラベル:虫と人の病気
posted by まろんど at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 寄生虫・クマムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

世界初 マラリアワクチン 阪大グループ実用化目指す

http://osaka.yomiuri.co.jp/science/news/20100201-OYO8T00374.htm

 大阪大微生物病研究所の堀井俊宏教授のグループが、マラリアの最大規模の流行地域であるアフリカ・ウガンダで、発症を防ぐワクチンの実用化へ向けた臨床試験を3月にも開始する。2005年に日本国内で行った接種試験で、人体への安全性と、病原体のマラリア原虫を攻撃する物質(抗体)が血液中で増えることを確認しており、現地での試験を踏まえ、来年以降、発症を抑える効果の有無などを調べ、世界初のマラリアワクチン開発を目指す。

 堀井教授らは、増殖する原虫の体を包むように現れるたんぱく質「SERA」に着目。抗体がこのたんぱく質を攻撃し、原虫を殺す様子を実験で観察した。過去のウガンダでの調査で、SERAへの抗体を持つ子どもはマラリア特有の発熱がなく、原虫が増殖しにくいことも確認し、これらの成果をもとに阪大微生物病研究会が製剤化に成功した。

 今回の現地での臨床試験は、3月以降に4か月かけ、6〜20歳の84人、21〜40歳の56人に接種する予定。流行地域では初めてで、ワクチン接種者がマラリアを発症するかどうかも予備的に観察できるという。

 世界保健機関は、マラリア患者は世界で5億〜3億人と推計。ワクチン開発は1980年代から世界中で展開されてきたが、マラリア原虫のたんぱく質は変異しやすく、成功例はない。

 堀井教授は「接種者の中で発症が少なければ、世界初の実用化に向けた貴重な材料になる」と話している。
(2010年1月31日 読売新聞)




(´-`).。oO(日本の蚊帳と蚊取り線香のマラリア対策効果も侮れない・・・)
ラベル:虫と人の病気
posted by まろんど at 04:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 寄生虫・クマムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

アニサキスで男性が食中毒

http://www.ibaraki-np.co.jp/47news/20100131_04.htm

笠間のゴルフ場


 県保健福祉部に30日入った連絡によると、笠間ゴルフクラブ(古賀誠四郎社長)が運営する笠間市池野辺の富士カントリー笠間倶楽部のレストランで、食事をした水戸市内の自営業男性(35)が同日までに、激しい腹痛を訴えた。水戸保健所は寄生虫アニサキスによる食中毒と断定し、レストランを同日から2日間、営業停止処分とした。
 県食の安全対策室によると、男性は20日正午ごろから、同ゴルフ場内クラブハウスのレストランでイナダの刺身やヤリイカ、ハマチの寿司などを食べた。男性は同日午後11時ごろから激しい腹痛を訴えて水戸市内の医療機関を受診し、開腹手術を受けて入院した。男性は快方に向かっている。
 県内でアニサキスによる食中毒が判明したのは2006年9月、石岡市内の女性が感染して以来。このときは原因不明だった。
 アニサキスは体長2〜3センチで、サバやイカ、アンコウ、サケなど海の魚に寄生。寄生した魚を生で食べるとまれに胃や腸壁に侵入し、激しい腹痛や嘔吐(おうと)などの症状を起こす。(2010/01/31 茨城新聞)




(´-`).。oO(アニーは、アナフィラキシーショックがやばいんですよ・・・)
ラベル:虫と人の病気
posted by まろんど at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 寄生虫・クマムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。