2009年12月20日

白いダンゴムシ見つけたよ  熊谷の5歳園児

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/saitama/news/20091217-OYT8T01520.htm

 熊谷市久保島の幼稚園児、月岡彩陽(いろは)ちゃん(5)が見つけた白いダンゴムシが、群馬県桐生市の「県立ぐんま昆虫の森」で展示されている。

白いダンゴムシ.jpg

展示中の白いダンゴムシ(県立ぐんま昆虫の森提供)


 自宅近くのグラウンドで先月29日に見つけた。伐採して積み上げられた木の枝の下で、普通のダンゴムシに交じっていたという。図鑑にも載っていなかったため、母親の美希子さんと一緒に、見学したことがある同園に持ち込んだところ、とても珍しいと展示が決まった。

 同園昆虫専門員の筒井学さん(44)は「突然変異し、色素異常の個体となったのだろう。全国的にも例は少ないと思う」と話している。

 彩陽ちゃんは虫が好きな男の子で、今年の夏にはピンク色のバッタを見つけたという。「これからも珍しい虫をどんどん見つけたい」と彩陽ちゃん。

 展示は26日まで。問い合わせは同園((電)0277・74・6441)へ。
(2009年12月18日 読売新聞)





(´-`).。oO(ピンクバッタも発見済み? たいした小僧だ・・・)
posted by まろんど at 03:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 多足類・ワラジムシ亜目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

南方系ヤスデ大発生 南国市十市

http://203.139.202.230/?&nwSrl=250293&nwIW=1&nwVt=knd

 日本のヤスデより一回り大きい南方系の外来種、ヤンバルトサカヤスデが南国市十市で大発生している。住民らの届けを受けた高知県中央東福祉保健所も同ヤスデと確認し、「高知県内で大発生の報告は初めて。温暖化なども影響し生息場所が北上している可能性がある」と警戒している。


ヤンバルトサカヤスデ.jpgヤンバルトサカヤスデ2.jpg


【写真】(左)活動時間は夜間。殺虫剤で死んだヤスデを集めるとちり取りいっぱいに(右)県道にはひかれた痕跡が無数に。県外で大発生した際、列車往来の妨げになったケースも(写真はいずれも南国市十市)

(2009年10月18日 高知新聞)





(´-`).。oO(外来種が大量発生・・・なんという・・・)
ラベル:大量発生 外来種
posted by まろんど at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 多足類・ワラジムシ亜目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。